地域福祉活動計画:音声読み上げ対応ページ

地域福祉活動計画

平成30年3月に山口市と本会が協働して策定した「第3次山口市地域福祉計画・山口市地域福祉活動計画(平成30年度~令和4年度)」は、地域の福祉課題に対応する地域福祉の人材育成や、改正社会福祉法に基づいた包括的支援体制の整備を計画の中軸に掲げており、地域における福祉活動の推進団体である地区社会福祉協議会、自治会、福祉団体及び各種専門相談機関等との連携を図り、次の基本目標1~3を推進しています。

基本目標1「地域福祉を推進するひとづくり」

基本目標2「安全に安心して生活できる地域の輪づくり」

基本目標3「利用しやすい福祉サービスの仕組みづくり」

また、活動目標ごとに取り組みの進行管理を行うために「地域福祉推進協議会」を開催し、市民の視点からの評価、検証を行い、その結果に基づき必要な見直し等を進めています。

 

市内各地区社協について

小地域福祉の生活課題や住民の個別課題を解決する活動を地区社会福祉協議会が主催で小地域福祉活動計画を作成していただいています。

地域福祉課に地区担当職員を設け、各地区社会福祉協議会の小地域福祉活動計画の推進を支援しています。