社会福祉センターしらさぎ会館

sirasagi01 心身に障がいのある方が、地域に出ていろいろな人とふれあい、平等で楽しい社会生活が送れることを目的として、各種サービスを行っています。
 また、障がい者団体や関連団体に活動の場を提供しています。

しらさぎ会館連絡先

 住所 〒753-0032
 山口市堂の前町1番5号
 TEL:083-922-3666   
 FAX:083-922-3669
 E-mail:sirasagi@yshakyo.or.jp

しらさぎ会館の地図

社会福祉センターしらさぎ会館

主要事業

  1. 地域活動支援センターⅡ型事業
  2. 生活訓練事業
  3. 運動機能ショートプログラム事業(教室型)
  4. 手話通訳者設置事業
  5. 手話通訳者等派遣事業
  6. 要約筆記者等派遣事業

1. 地域活動支援センターⅡ型事業

地域活動支援センター

天気の良い日に桜を見に出掛けました。

 障がいをお持ちの方に、創作的活動や生産活動の機会を提供したり、 社会との交流を促進したりすることを目的に実施しています。

☆ 創作的活動・生産活動は・・・
 書道・絵画・パステル画・絵手紙・パン作り・手工芸・触手話・脳トレ・点字・カラオケ

☆ 身体機能の維持向上を図るため・・・・
 健康体操・3B体操・フラダンス・音楽レク・卓球・ボーリング・ウォーキング・ドライブなど

☆その他・・・
・屋外活動(障がいに応じて介助・通訳者を伴い、年に数回バス旅行に出掛けます。)
・特別講座(ものづくり・体操)
・お楽しみ会(12月)、クリスマス会

※自宅まで送迎いたします。(一部地域については相談させていただく場合もあります。)

☆「しらさぎ会館讃歌」のご紹介
 この『しらさぎ会館讃歌』は、利用者様の声から生まれたものです。

 地域活動支援センターⅡ型事業の講座「音楽レクリエーション」の中で、「しらさぎ会館の歌があればいいのに」という意見から、歌詞ができ、講師のご厚意により作曲していただいたものです。

 歌うごとに親しみやすく、味わいのある曲になってきました。

 ※下記の再生ボタンをクリックすると曲が流れるので、ぜひ聞いてみてください!

「しらさぎ会館讃歌」

~つどえる仲間をたたえて~

作詞:武田 功・林 邦子

  補作:堀 恵美子

                                         作曲:堀 恵美子

ここは山口 高らかに響く 友の声

集える (いく)(じゅう)の 笑顔 笑顔 笑顔

ぐるりと緑の 山口盆地 自然は

未来に続く 姿 姿 姿

希望にあふれた 講座に 集う友の顔は明るく

四季の花は 私の心をいやして

強く生きよう 手に手をとって 今こそ

明るく 楽しい しらさぎ会館

しらさぎの羽に守られ

今日(きょう)も 明日(あした)も 明るく

明日(あした)へと続く道は 夢のかけはし かけはし

しらさぎ会館

☆ 対象は・・
山口市在住
障害者手帳をお持ちの18歳以上の方(手帳は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)
※利用には、市への申請が必要です。市の担当者から聞き取りがあります。その後、ご自宅に利用決定通知書が送られてきますので、しらさぎ会館にご連絡ください。

☆ 費用は・・・
 利用料は1割負担です。(非課税の方は無料)
     4時間未満  150円
     4時間以上  250円
     送迎(片道)  50円
 パンやお菓子などの材料費は実費をいただきます。

☆ 申込み・問合せは・・・
 社会福祉センターしらさぎ会館 山口市堂の前町1番5号
 TEL:083-922-3666  FAX:083-922-3669

2. 生活訓練事業

 生活訓練事業とは、障がいのある方の自立及び社会参加の促進を図る ことを目的として、生活に必要な訓練を実施しています。

講座名 講 師 開催日 時 間
国  語 村田和子 第1・3月曜日 13時~15時
手  芸 入江幸江 第1・3月曜日 10時~11時30分
オカリナ 山口オカリナ
愛好会
第1水曜日 10時~11時
パッチワーク 福永信子 第1・3金曜日 10時~11時30分
ヨ  ガ 至誠館 第1・3金曜日 13時~14時30分
おりがみ 佐山折り紙の会 第4水曜日 13時~15時
硬  筆 田辺直子 第4木曜日 10時~12時
料  理 藤井郁栄 ○月曜日年4回(聴覚障がい者対象)
○日曜日年2回
(オストメイト・全身性障がい者対象)
○日曜日年4回
(その他の障がい者対象)
10時~13時
上杉照子 ○水曜日年4回(視覚障がい者対象)
パソコン Vネットつばさ 年5回 14時~16時
健 脚 吉村靜馬 年2回(肢体不自由者対象)
年1回(聴覚障がい者対象)
10時~12時
オストメイト研修 医師 等 年1回 12時~16時
中途失聴者・
難聴者の集い
しらさぎ会館
職員
第2水曜日
(中途失聴者・難聴者対象)
13時~15時
中途失聴者・
難聴者の手話
しらさぎ会館
職員
第4水曜日
(中途失聴者・難聴者対象)
10時~11時
パソコンサロン 白水浩介 第2・4木曜日 13時~15時
おりがみ講座
【おりがみ講座】

季節に応じた様々なものを作っています。

パソコン講座
【パソコン講座】

ワードの基本的な使い方、インターネットの使い方を習いました。

☆ 対象は・・・
 山口市在住で、障害者手帳をお持ちの方

☆ 費用は・・・
 1回につき、300円
 但し、料理等にかかる材料費は別途いただきます。是非見学にお越し下さい。

☆ 申込み・問合せは・・・
 社会福祉センターしらさぎ会館  山口市堂の前町1番5号  
 TEL:083-922-3666 FAX:083-922-3669

3. 運動機能ショートプログラム事業(教室型)

山口市の委託を受けて、年間4クール(各12回)行っています。

○対象者
 65歳以上の介護保険の認定を受けていない方で、介護予防が必要な方

○場 所
 しらさぎ会館

○内 容
 体力測定、身長体脂肪測定
 理学療法士の講義(転倒骨折予防等)
 管理栄養士の講義(バランスのとれた食事)
 いつまでも自分の足で歩くための体操
 ウォーキング、チェアエクササイズ、3B体操、シャフル・ボードなど

※年齢とともに衰えがちな足腰の筋力を維持し、運動を継続することの大切さを知ってもらっています。参加者同士の親睦も深まり、笑顔が増え、地域に社会に出ていこうという活力につながっています。

運動教室

「いつまでも自分の足で歩くための体操」の中の胸部を広げるストレッチをしています。

☆ 参加についての問合せは
 山口市高齢福祉課(山口市基幹型地域包括支援センター)TEL:083-934-2793

4. 手話通訳者設置事業

 手話を主たるコミュニケーションとしている聴覚障がい者に対して、設置手話通訳者を派遣します。

○派遣内容
 医療・保健関係・公的機関への同行、教育・保育関係、労働・職業、警察・司法など生活に関わるすべてを対象とします。
 ただし、政治的な活動・社会生活の範囲を超える宗教的な活動、営利目的、不適切と判断される内容は除きます。

sirasagi07

【折り紙講座で折り方を説明しています】

☆設置場所
 山口市堂の前町1番5号 社会福祉センター しらさぎ会館

☆設置日及び時間
 月曜日~金曜日  午前8時30分~午後5時15分
 (ただし、緊急時対応は除く)

☆問合せ・ご相談はこちらへ
 FAX:083-922-3669  TEL:083-922-3666
 Email: syuwa@yshakyo.or.jp
 担当:中西・稲原・有吉

5. 手話通訳者等派遣事業

 手話を主たるコミュニケーションとしている聴覚障がい者に対して、登録手話通訳者を派遣します。

 規定の養成講座を修了し、統一試験に合格をし、なおかつ山口市手話通訳派遣事業の登録試験に合格した手話通訳者を登録・派遣しています。

 通訳上知り得た情報は、個人情報保護法により、外部にもらすことはありません。
 また、山口市在住の聴覚障がい者の方が利用される場合、費用負担はありません。

 派遣対象は、生活に関わるすべてを対象とします。ただし、政治的な活動、社会生活の範囲を超える宗教的な活動、営利目的、不適切と判断される内容は除きます。

 【様式ダウンロード】山口市手話通訳者等派遣申請書(word形式)

           山口市手話通訳者等派遣申請書(pdf形式)

☆問合せ・ご相談はこちらへ
 FAX:083-922-3669  TEL:083-922-3666
 Email: syuwa@yshakyo.or.jp
 担当:中西・稲原・有吉

6. 要約筆記者等派遣事業

「要約筆記」ってなんだろう?
聞こえに不安のある方は、要約筆記の依頼をされませんか。

 ・講演会に参加したい
 ・診察や検査を受けたい
 ・公的機関等に行きたい
 ・学校等の懇談会、又、地域の行事に参加したい  など

あなたの耳の代わりになり、要約筆記をいたします。
ただし、政治的な活動、社会生活の範囲を超える宗教的な活動、営利目的・不適切と判断される内容を除く。

「要約筆記」とは・・・

 聞こえの不自由な方に、話の内容を文字にして伝えることです。
聞こえの不自由な方には、「ろう者」「中途失聴者」「難聴者」と呼ばれる方々がおられます。
 ろう者の主たるコミュニケーション方法は手話ですが、中途失聴者、難聴者は、人生の途中で聞こえに障がいが起こったので、文字情報のほうが理解しやすいという面があります。
 通常、書くスピードより話すスピードの方が数倍速いので、全部を文字化することは難しく、話の内容を要約して、伝えています。
 これを要約筆記といいます。要約の方法については、規定の養成講座を受講し、資格取得後も日々学習をしています。

要約筆記には、2つの方法があります。

◎手書き(ノートテイク・OHC)
・ノートテイクは、専用の用紙にマジックペンで書いて伝えます。
 受診や学校等の懇談会など、1対1を対象とした場面で使用します。
・OHCは、透明なシートに文字を書き、スクリーンに投影します。
 講座や会議などに使用します。

◎パソコン
・スクリーン投影
 ノートパソコンを使用し、入力した文字をスクリーンに映し出す方法です。大会や講演会などに使用します。
・表示用
 利用される方の前にノートパソコンを置き、入力した文字を映し出す方法です。会議などに使用します。

 通訳上知りえた情報は、個人情報保護法により、外部に洩らすことはありません。また、中途失聴者、難聴者の方が利用される場合、費用負担はありません。

 規定の養成講座を修了し、登録試験に合格した要約筆記者を山口市要約筆記者等派遣事業に登録・派遣しています。

ご利用にあたってのお願い

  1. 要約筆記とは
     聴覚に障がいがある方に対して、話の内容を要約して文字にして伝えることです。状況により、手書き・パソコンを使う方法があります。
  2. 要約筆記を必要としている方
     聞こえにくい難聴者の方や、様々な理由により聴覚を失った中途失聴者の方です。
  3. 要約筆記を担当している者
     規定の養成講座を修了し、登録試験に合格した要約筆記者を山口市要約筆記者等派遣事業に登録・派遣しています。
  4. 守秘義務について
     要約筆記者には、守秘義務が課せられています。
  5. ノートテイク用紙・OHCのロール・ログ(パソコンに残る文字)
     要約筆記は、その場の発言内容を聴覚障がい者に、速く、正しく伝えることを目標にしています。記録を目的とした議事録や速記とは異なります。
     パソコン要約筆記においても、ログは保存しない設定にしています。 
     ノートテイク用紙・OHCのロール等は、派遣元で責任を持って処分させていただきます。
  6. 派遣できない内容
     政治的な活動・社会生活の範囲を超える宗教的な活動・営利目的・不適切と判断される内容。
  7. 要約筆記の申込みについて
     山口市要約筆記者等派遣依頼書に必要事項をご記入のうえ、FAX、メール等にてお申し込みください。ご不明な点については、直接ご連絡ください。
  8. その他
     正確な情報を提供するため、事前に内容を把握して通訳に臨みます。資料提供のご協力をお願いします。資料とは開催要項・進行表・講師の資料・当日の参加者への配布資料等です。
     会場の下見や事前把握のため、主催者と打ち合わせをさせていただきます。
     個人情報に関する資料については、通訳終了後返却します。

  【様式ダウンロード】山口市要約筆記者等派遣申請書(word)

                                   山口市要約筆記者等派遣申請書(pdf)

☆ 問合せ・ご相談はこちらへ
 社会福祉センター しらさぎ会館 〒753-0032 山口市堂の前町1番5号
 TEL:083-922-3666 FAX:083-922-3669
 Email:s-youyaku@yshakyo.or.jp
 担当:河村